沖縄 ケラマ諸島 座間味島 ダイビングショップ カイトマリンスポーツ

初めての方からベテランダイバーまで満足していただける、慶良間(ケラマ)諸島のダイビングショップです

TEL.098-987-2270

〒901-3401 沖縄県島尻郡座間味村字阿佐26

ドルフトダイビングとアンカリングダイビングの違い

ドルフトダイビングとアンカリングダイビングの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

カイトマリンスポーツのダイビングスタイルは3つ

落ち込みに真直ぐに差し込む美しい光!!

落ち込みに真直ぐに差し込む美しい光!!

カイトマリンスポーツのドリフトダイビングは、流れのゆるいポイントからエントリーして、流れにのって魚の群れの中へ飛び込んだり、綺麗なサンゴを見て楽しむ事ができるダイビングです。
ある程度の潮の流れがあるポイントでは、大物に出会うチャンスもあります!!

ドルフトダイビングはアンカリングダイビングと違って、元のボートの場所まで戻らなくても済みますので、潜水時間いっぱいダイビングを堪能できます。
また、エアー残圧が少なくなった時点でエキジットすればボートが向かいに来てくれるので安心ですし楽です!

ドリフトダイビング初体験の方は、スタッフが手取り足取り丁寧にサポートしますので、ご安心ください。
カイトマリンスポーツは、いつでもお客様の経験や技量にあわせに合わせたダイビングを行っています。当日の風向き・お客様の技量を見てポイントを選ばせて頂きます。

アンカリング ダイビングとは

アンカリングダイビングとは、ボートの錨を目的の場所で降ろして固定し、そこでからエントリーし、エグジットはボードに戻るダイビング。広く一般的に行われているファンダイビングのスタイルです。
アンカリングダイビングの欠点は、流れがあるポイントですと、ボートに戻る必要があるだめ、行きか帰りかどちらかは流れに逆らって泳ぐ必要があることです。
残圧がなくなって船までたどり着けないこと避けるため、残圧に十分な余裕があるうちに引き返さなければならないので、潜水時間が短くなる傾向があります。

ドリフト ダイビングとは

ドリフトダイビングとは、ボートからエントリーして流れに沿ってダイビングを楽しみ、残圧が少なくなったらエグジットするダイビングです。
ボートはダイバーの泡を見ながらダイバーの後を追いかけ、エグジットした場所で落ち合います。
ドリフトと聞くと流れの強いところで流れに乗る・・・!? というイメージがあるため、上級ダイバーが楽しむものと思われいる方も多いです。

アンカリング ドリフト ダイビングとは

アンカリアングドリフトダイビングとは、カイトマリンスポーツで使っている言い方ですが、ポイントについたらアンカーリングをし、ダイバーが全員安全にエントリーしたころを確認してからボートのアンカーを上げ移動を開始。
船長がダイバーの吐く泡を目印に追いかけて行きます。
初心者の方や、まだドリフトダイビングに慣れてないお客様、フリー潜降が苦手なお客様にはアンカリングドリフトダイビングを案内しています。

Our Ship The Marin-Grace

我らがボート マリングレイス!!

予約・お問合せフォームへ

»